ここから本文です

病気びょうきのおはなし

若年性じゃくねんせい特発性とくはつせい関節炎かんせつえんには、どのような症状しょうじょうがありますか?

おも症状しょうじょう

どのタイプにも共通きょうつうするのは、慢性的まんせいてき関節かんせつ炎症えんしょうです。関節かんせつ炎症えんしょうがあることで、いたみだけでなく、あかくなる、れる、ねつをもつ、うごかしにくいなどの症状しょうじょうがみられます。適切てきせつ治療ちりょうけないと関節破壊かんせつはかい進行しんこうして、関節かんせつとしての機能きのうたせなくなることがあります。

かくタイプに特徴的とくちょうてき症状しょうじょう

全身型ぜんしんがた

弛張熱しちょうねつ特徴的とくちょうてきなパターンをかえ発熱はつねつ)、リウマトイドしんばれる発疹ほっしん関節炎かんせつえんおもにみられる症状しょうじょうです。胸膜炎きょうまくえんはい胸壁きょうへき内側うちがわをおおうまく炎症えんしょう)、心膜炎しんまくえん心臓しんぞうをおおうまく炎症えんしょう)、肝脾腫かんひしゅ肝臓かんぞう脾臓ひぞうおおきくなっている状態じょうたい)をともなうこともあります。全身型ぜんしんがたではマクロファージ活性化症候群かっせいかしょうこうぐんMASマス:コントロール不能ふのう発熱はつねつ、リンパせつれ、肝脾腫かんひしゅなどをともなう)とばれる重大じゅうだい合併症がっぺいしょうこす可能性かのうせいがあるので、注意ちゅうい必要ひつようです。

少関節炎しょうかんせつえん

発症はっしょう6ヵ月かげつ以内いない炎症えんしょうがある関節かんせつが1〜4ヵ所かしょかぎられています。ひざをはじめとする下肢かし関節かんせつ炎症えんしょうがおこりやすいとされています。適切てきせつ治療ちりょうをすることで関節かんせつ機能きのう良好りょうこうたもつことができます。抗核抗体こうかくこうたい(ANA)という検査けんさ陽性ようせい場合ばあいは、ぶどう膜炎まくえんという病気びょうき合併がっぺいしやすいので、定期的ていきてき眼科検診がんかけんしん必要ひつようとします。

多関節炎たかんせつえん(リウマトイド因子陰性/陽性いんしいんせい/ようせい

発症はっしょう6ヵ月かげつ以内いない炎症えんしょうがある関節かんせつが5ヵ所かしょ以上いじょうでみられます。左右さゆうおな関節かんせつ左右対称さゆうたいしょう)でいたみやれがみられることがおおく、ゆびちいさな関節かんせつをはじめ、ひじひざなどのおおきな関節かんせつ、さらにはくびあご関節かんせつでも炎症えんしょうがみられます。とくに、あご関節かんせつ炎症えんしょう放置ほうちしてしまうと、あご成長せいちょう障害しょうがいされ小顎症しょうがくしょう咬合不全こうごうふぜんわせがわるくなる)をおこす可能性かのうせいがあるので注意ちゅうい必要ひつようです。微熱びねつ倦怠感けんたいかん食欲不振しょくよくふしんなどの全身症状ぜんしんしょうじょうをともなうこともあります。

関節リウマチの
患者さん、ご家族の方

Enbrel etanercept

エンブレル®

- 正しくお使いいただくために -

監修:
横浜市立大学
名誉教授 横田 俊平 先生
ふりがな
あり なし

病気びょうきのおはなし

若年性じゃくねんせい特発性とくはつせい関節炎かんせつえんには、 どのような症状しょうじょうがありますか?

おも症状しょうじょう

どのタイプにも共通きょうつうするのは、慢性的まんせいてき関節かんせつ炎症えんしょうです。関節かんせつ炎症えんしょうがあることで、いたみだけでなく、あかくなる、れる、ねつをもつ、うごかしにくいなどの症状しょうじょうがみられます。適切てきせつ治療ちりょうけないと関節破壊かんせつはかい進行しんこうして、関節かんせつとしての機能きのうたせなくなることがあります。

かくタイプに特徴的とくちょうてき症状しょうじょう

全身型ぜんしんがた

弛張熱しちょうねつ特徴的とくちょうてきなパターンをかえ発熱はつねつ)、リウマトイドしんばれる発疹ほっしん関節炎かんせつえんおもにみられる症状しょうじょうです。胸膜炎きょうまくえんはい胸壁きょうへき内側うちがわをおおうまく炎症えんしょう)、心膜炎しんまくえん心臓しんぞうをおおうまく炎症えんしょう)、肝脾腫かんひしゅ肝臓かんぞう脾臓ひぞうおおきくなっている状態じょうたい)をともなうこともあります。全身型ぜんしんがたではマクロファージ活性化症候群かっせいかしょうこうぐんMASマス:コントロール不能ふのう発熱はつねつ、リンパせつれ、肝脾腫かんひしゅなどをともなう)とばれる重大じゅうだい合併症がっぺいしょうこす可能性かのうせいがあるので、注意ちゅうい必要ひつようです。

少関節炎しょうかんせつえん

発症はっしょう6ヵ月かげつ以内いない炎症えんしょうがある関節かんせつが1〜4ヵ所かしょかぎられています。ひざをはじめとする下肢かし関節かんせつ炎症えんしょうがおこりやすいとされています。適切てきせつ治療ちりょうをすることで関節かんせつ機能きのう良好りょうこうたもつことができます。抗核抗体こうかくこうたい(ANA)という検査けんさ陽性ようせい場合ばあいは、ぶどう膜炎まくえんという病気びょうき合併がっぺいしやすいので、定期的ていきてき眼科検診がんかけんしん必要ひつようとします。

多関節炎たかんせつえん(リウマトイド因子陰性/陽性いんしいんせい/ようせい

発症はっしょう6ヵ月かげつ以内いない炎症えんしょうがある関節かんせつが5ヵ所かしょ以上いじょうでみられます。左右さゆうおな関節かんせつ左右対称さゆうたいしょう)でいたみやれがみられることがおおく、ゆびちいさな関節かんせつをはじめ、ひじひざなどのおおきな関節かんせつ、さらにはくびあご関節かんせつでも炎症えんしょうがみられます。とくに、あご関節かんせつ炎症えんしょう放置ほうちしてしまうと、あご成長せいちょう障害しょうがいされ小顎症しょうがくしょう咬合不全こうごうふぜんわせがわるくなる)をおこす可能性かのうせいがあるので注意ちゅうい必要ひつようです。微熱びねつ倦怠感けんたいかん食欲不振しょくよくふしんなどの全身症状ぜんしんしょうじょうをともなうこともあります。

病気びょうきのおはなし

診察しんさつ検査けんさのおはなし

治療ちりょうのおはなし

家庭かてい学校がっこうのおはなし