Enbrel.jpトップページへ
エンブレル -正しくお使いいただくために-
リンク集 お問い合わせ サイトマップ
関節リウマチと抗TNF療法 エンブレルによる治療を受ける患者さんへ 自己注射ガイド 病院サーチ
監修:
慶應義塾大学医学部リウマチ・膠原病内科
教授 竹内 勤 先生
メニュー
関節リウマチとは?
どんな病気?
どんな経過をたどるのか?
将来の生活設計は?
検査値について
検査値を見て、どのように考えるのか?
症状の強さとは?
治療法
治療法について
NSAID/副腎皮質ステロイド
抗リウマチ薬
生物学的製剤
JAK阻害剤
リハビリテーション/手術療法
やさしくわかる抗TNF療法
サイトカインのひとつTNFとは
過剰なTNFが関節リウマチの症状にかかわっている
TNFのはたらきを抑えるために
Flash Playerのダウンロード
最新版のFlash Playerが必要です。こちらからダウンロードしてください。

ここから本文です

過剰なTNFが関節リウマチの症状にかかわっている

正常な状態でもTNFは存在する

TNFは細胞表面のTNFレセプターと結合することで、炎症反応をひき起こす物質です。健康な人の体内にも存在し、通常はその作用を抑える「可溶性TNFレセプター」という物質とバランスがとれた状態にあります。

過剰なTNFが炎症・痛みをひき起こす

関節リウマチ患者さんの体の中ではTNFが過剰に作られています。その結果、可溶性TNFレセプターとのバランスが崩れてしまうことに。するとTNFのはたらきがとめられないため、関節の炎症をひき起こし、滑膜増殖や関節破壊などを促進させてしまうのです。

正常な状態
細胞表面のTNFレセプターに結合する前に、可溶性TNFレセプターがTNFをキャッチするため、炎症反応は起こりません。
  関節リウマチ患者さんの場合
TNF、可溶性TNFレセプターともに増加しますが、TNFの増加の方が圧倒的に多く、TNFが細胞表面のTNFレセプターと結合するため炎症が起こります。
     
TNFのバランスについて   TNFのバランスについて
     
前のページへ 次のページへ

関節リウマチの
患者さん、ご家族の方

Enbrel etanercept

エンブレル®

- 正しくお使いいただくために -

監修:
慶應義塾大学
医学部リウマチ・膠原病内科
教授 竹内 勤 先生

やさしくわかる抗TNF療法

過剰なTティーNエヌFエフ
関節リウマチの
症状にかかわっている

正常な状態でも
TNFは存在する

TNFは細胞表面のTNFレセプターと結合することで、炎症反応をひき起こす物質です。健康な人の体内にも存在し、通常はその作用を抑える「可溶性TNFレセプター」という物質とバランスがとれた状態にあります。

過剰なTNFが
炎症・痛みをひき起こす

関節リウマチ患者さんの体の中ではTNFが過剰に作られています。その結果、可溶性TNFレセプターとのバランスが崩れてしまうことに。するとTNFのはたらきがとめられないため、関節の炎症をひき起こし、滑膜増殖や関節破壊などを促進させてしまうのです。

正常な状態

細胞表面のTNFレセプターに結合する前に、可溶性TNFレセプターがTNFをキャッチするため、炎症反応は起こりません。

Play

TNFのバランスについて

関節リウマチ患者さんの場合

TNF、可溶性TNFレセプターともに増加しますが、TNFの増加の方が圧倒的に多く、TNFが細胞表面のTNFレセプターと結合するため炎症が起こります。

Play

TNFのバランスについて