ここから本文です

治療ちりょうのおはなし

若年性じゃくねんせい特発性とくはつせい関節炎かんせつえん治療ちりょうは、どのようにおこなわれますか?

治療ちりょうかんがかた

若年性じゃくねんせい特発性とくはつせい関節炎かんせつえんでは、関節かんせつ炎症えんしょうつづくことで、経過けいかによっては関節かんせつ破壊はかい変形へんけいなど、重篤じゅうとく関節障害かんせつしょうがいのこってしまう危険性きけんせいがあります。とく発育途上はついくとじょうにあるどもに発症はっしょうするので、成長せいちょうへの影響えいきょうかんがえられます。

そのため、どもの成長せいちょうをはかりながら関節障害かんせつしょうがい予防よぼうすることが、若年性じゃくねんせい特発性とくはつせい関節炎かんせつえん治療ちりょう最大さいだい目標もくひょうかんがえられています。

若年性じゃくねんせい特発性とくはつせい関節炎かんせつえん治療ちりょうは、薬物療法やくぶつりょうほう中心ちゅうしんおこなわれます。長期ちょうきにわたる治療ちりょうのなかでは、心身しんしん成長せいちょう学校生活がっこうせいかつとの両立りょうりつをめざして、医師いし看護師かんごしだけでなく、ご家族かぞく学校がっこう先生せんせい友達ともだちなど多方面たほうめんからのサポートが必要ひつようになります。

小児期〈しょうにき〉は大切〈たいせつ〉な成長期〈せいちょうき〉!骨〈ほね〉・関節〈かんせつ〉の異常〈いじょう〉は成長〈せいちょう〉そのものに影響〈えいきょう〉を与〈あた〉えるので、早期〈そうき〉に適切〈てきせつ〉な治療〈ちりょう〉を受〈う〉けましょう!

薬物療法やくぶつりょうほう

全身型ぜんしんがた全身型以外ぜんしんがたいがい関節炎かんせつえんでは治療内容ちりょうないようことなります。全身型ぜんしんがたでは全身ぜんしん炎症えんしょうたいする治療ちりょう全身型以外ぜんしんがたいがい関節炎かんせつえんでは関節炎かんせつえんたいする治療ちりょう中心ちゅうしんで、それぞれ治療ちりょう使つかくすりことなります(一部いちぶ共通きょうつうしています)。

全身型

発熱はつねつなどの全身症状ぜんしんしょうじょうをできるだけおさえ、病態びょうたいをコントロールすることを目的もくてきに、副腎皮質ふくじんひしつホルモンやく(ステロイド)が治療ちりょう中心ちゅうしんになります。また、ステロイドをどうしても減量げんりょうできない場合ばあい関節炎かんせつえん持続じぞくする場合ばあいには生物学的製剤せいぶつがくてきせいざい使つかわれます。

全身型以外の関節炎

まずは、ステロイドせいしょうえんちんつうやく(NSAIDs)によるりょうかいし、かんせつかいへんけいのリスクがあればメトトレキサート(MTX)によるりょうかいします(ステロイドがへいようされることもあります)。MTXによるりょうかいから2〜3ヵ月かげつけいしても、かんせつえんかいぜんしないあいには、せいぶつがくてきせいざい使つかわれます。

関節リウマチの
患者さん、ご家族の方

Enbrel etanercept

エンブレル®

- 正しくお使いいただくために -

監修:
横浜市立大学
名誉教授 横田 俊平 先生
ふりがな
あり なし

治療ちりょうのおはなし

若年性じゃくねんせい特発性とくはつせい関節炎かんせつえん治療ちりょうは、どのようにおこなわれますか?

治療ちりょうかんがかた

若年性じゃくねんせい特発性とくはつせい関節炎かんせつえんでは、関節かんせつ炎症えんしょうつづくことで、経過けいかによっては関節かんせつ破壊はかい変形へんけいなど、重篤じゅうとく関節障害かんせつしょうがいのこってしまう危険性きけんせいがあります。とく発育途上はついくとじょうにあるどもに発症はっしょうするので、成長せいちょうへの影響えいきょうかんがえられます。

そのため、どもの成長せいちょうをはかりながら関節障害かんせつしょうがい予防よぼうすることが、若年性じゃくねんせい特発性とくはつせい関節炎かんせつえん治療ちりょう最大さいだい目標もくひょうかんがえられています。

若年性じゃくねんせい特発性とくはつせい関節炎かんせつえん治療ちりょうは、薬物療法やくぶつりょうほう中心ちゅうしんおこなわれます。長期ちょうきにわたる治療ちりょうのなかでは、心身しんしん成長せいちょう学校生活がっこうせいかつとの両立りょうりつをめざして、医師いし看護師かんごしだけでなく、ご家族かぞく学校がっこう先生せんせい友達ともだちなど多方面たほうめんからのサポートが必要ひつようになります。

薬物療法やくぶつりょうほう

全身型ぜんしんがた全身型以外ぜんしんがたいがい関節炎かんせつえんでは治療内容ちりょうないようことなります。全身型ぜんしんがたでは全身ぜんしん炎症えんしょうたいする治療ちりょう全身型以外ぜんしんがたいがい関節炎かんせつえんでは関節炎かんせつえんたいする治療ちりょう中心ちゅうしんで、それぞれ治療ちりょう使つかくすりことなります(一部いちぶ共通きょうつうしています)。

全身型ぜんしんけい

発熱はつねつなどの全身症状ぜんしんしょうじょうをできるだけおさえ、病態びょうたいをコントロールすることを目的もくてきに、副腎皮質ふくじんひしつホルモンやく(ステロイド)が治療ちりょう中心ちゅうしんになります。また、ステロイドをどうしても減量げんりょうできない場合ばあい関節炎かんせつえん持続じぞくする場合ばあいには生物学的製剤せいぶつがくてきせいざい使つかわれます。

全身型以外ぜんしんけいいがい関節炎かんせつえん

まずは、ステロイドせいしょうえんちんつうやく(NSAIDs)によるりょうかいし、かんせつかいへんけいのリスクがあればメトトレキサート(MTX)によるりょうかいします(ステロイドがへいようされることもあります)。MTXによるりょうかいから2〜3ヵ月かげつけいしても、かんせつえんかいぜんしないあいには、せいぶつがくてきせいざい使つかわれます。

病気びょうきのおはなし

診察しんさつ検査けんさのおはなし

治療ちりょうのおはなし

家庭かてい学校がっこうのおはなし